債務整理の費用ってどれくらいかかる?~債務整理の基礎情報~

債務整理の費用ってどれくらいかかる?~債務整理の基礎情報~

債務整理の費用ってどれくらいかかる?~債務整理の基礎情報~

債務整理は、借金の返済が困難または不能になったさいに行われるもので、債務を整理して借金の完済または免除を目指すものです。債務整理といってもいくつかの種類があり、弁護士や司法書士に仲介してもらう任意整理と、裁判所に申し立てて行う個人再生または自己破産があります。
任意整理では、将来発生する金利を免除してもらうというもので元本は返済する必要があります。個人再生は再生計画案を裁判所に提出し、それが認められれば、その計画案に沿って大幅な債務の減額を行なうことが可能です。自己破産は裁判所が認めれば、すべての債務が免除される代わりに一定金額の資産のすべてを失うことになります。また裁判所を通す時点で官報に住所と氏名が載るといったデメリットがあります。
これらの債務整理は、無料で行えるものではなく申請にかかる費用が必要になります。また弁護士や司法書士に依頼する場合には、仕事をしてもらうのでそれなりの費用が請求されます。資金の内訳としては、着手金と報酬金、それに過払金返還請求の3種類です。
一般に弁護士に依頼した場合の任意整理の相場は、1社から2社までが交渉相手の場合には5万円で、3社以上は1社あたり2万円程度が着手金となります。また報酬金は1社あたり2万円になります。司法書士は140万円以下の債務であれば請け負うことができ、弁護士よりもやや費用は安めです。
また個人再生の相場には着手金は30万円で報酬金が30万円と60万円ほどで、自己破産は着手金20万円、報酬金20万円で40万円ほどの費用が弁護士に依頼した場合の相場です。なお、過払金返還請求では、返還された過払金の21%ほどが報酬として請求されます。