債務整理したらクレジットカードが発行出来ないって話は本当ですか?

債務整理したらクレジットカードが発行出来ないって話は本当ですか?

債務整理したらクレジットカードが発行出来ないって話は本当ですか?

債務整理を行うと、その後しばらくはローンやクレジットカードの申込、あるいはお金の借入などが出来なくなります。これは債務整理により、ブラックリストに載るためです、ブラックリストといっても、そんなリストが実在するわけではありません。信用情報に事故情報、いわゆるブラック情報がつくことを、ブラックリストと呼んでいるわけです。この情報が登録されるのは、クレジットカードの情報機関の場合、任意整理で約5年間、自己破産で約7年間ですが、銀行の信用情報機関は基準が厳しいため、もう少し長く登録されることもあります。
ですから債務整理を行った後は、しばらくは現金決済をすることをお勧めします。たとえば、クレジットカードで光熱費や携帯料金を払っていたのを、口座引き落としにするとか、ネットショッピングはコンビニ支払いにするといった具合です。どうしてもカードで決済したい場合は、残高分だけ使えるICカードやデビットカードを作るという方法もあります。また、元通りに借入が出来るようになっても、債務整理の対象となった金融機関は、審査に通るのが困難になることもありますので、注意が必要です。
それとは別に、債務整理をしなくてもブラックリスト入りすることがあります。これはお金の借入の際に、4社以上に申し込んだ場合に起こりやすく、一度の申込件数が多いため、返済能力を疑われて審査落ちしてしまうもので、申込ブラックと呼ばれています。この場合は、半年以上経てば元通りに借入を行えるようになります。