債務整理のメリット・デメリットまとめ~債務整理するための基礎知識~

債務整理のメリット・デメリットまとめ~債務整理するための基礎知識~

債務整理のメリット・デメリットまとめ~債務整理するための基礎知識~

債務整理を行うと、債務者が抱えている債務が圧縮されたり、弁済しやすい形に弁済方法が変更されるなど、多くのメリットがありますが、その一方で受けることになるデメリットもいくつかあります。
まず挙げられるデメリットは、信用情報機関に債務整理を行った情報が記録されることにより、新規のお金の借り入れやローンの申し込み、クレジットカードの作成などができなくなる点です。ただし、この情報は永続的に残るわけではなく、一定の期間が経過すれば記録が削除されます。この期間は信用情報機関ごとに、また債務整理の方法ごとに異なっており、任意整理の場合は5年程度、個人再生や自己破産の場合は7~10年程度が経過すれば情報が削除され、再びお金の借り入れやローンを組むことが自由にできるようになります。
上記以外の債務整理によって受けるデメリットは、基本的には利用した整理の方法ごとに異なります。例えば、自己破産をすると、一定の価値以上の財産の殆どが処分の対象になる点や、裁判所が破産手続開始を決定してから免責許可を決定するまでの間は、弁護士や司法書士、保険外交員、警備員などの職業に就いている者はその職業の地位や資格を失う点がデメリットとして挙げられます。個人再生の場合は自己破産のような資格制限はありませんが、手続きが複雑であり、多額の費用と多くの時間がかかります。また、手間ひまをかけて個人再生手続きを終えても、再建計画をきちんと履行しなければ、債権者からの裁判所に再生計画取消の申立てが行われる可能性があります。
債務整理の方法は、メリットとデメリットの両面を考慮し、弁護士や司法書士とよく相談して決めるようにしましょう。